MENU

NEWS

[イベントレポート] GPTWジャパン共催「働きがいを高めるために 人事にできることとは?」

イベントレポート

2019年10月31日(木)、株式会社働きがいのある会社研究所(Great Place to Work® Institute Japan)と共催でイベントを実施しました。

Great Place to Work® (以下GPTW)は世界60カ国以上で従業員意識調査を行い、調査結果をもとに毎年「働きがいのある会社」ランキングを発表している機関です。

年に1度、参画企業を対象とし「働きがい」を調査し、調査結果が一定水準を超えた企業を、有力メディア等で発表することで、ランクインした企業は、人材の採用・定着、社外・社内双方に対するブランディングなど、様々な面でのメリットが得られる権威あるランキングです。

今回は、GPTW「働きがいのある会社」ランキングおよびINSIDESをご利用、または検討中の企業様にお集まりいただき、働きがいを向上させるために人事ができることを話し合う交流会イベントを実施しました。

第一部では、GPTW Japanからは3年でランク外からベストカンパニーにランクインにさせた某SIer様の事例をご紹介いただきました。残業時間など働き方を改革されるものの従業員の総合満足度は向上せず、経営陣と人事が一体となって組織改革に取り組む事例に参加された方々は熱心に耳を傾けていました。

その後は参加者同士のディスカッション。信頼を構築する5つの要素「信用」「尊重」「公正」「誇り」「連帯感」に関して自社での取り組みや課題を共有。

「評価に関する不満が大きい。時間は取って評価面談は行っているけど日頃からのコミュニケーションがうまくいっていないと、どんな言い方をしても難しい」「ベテランの上司の人の中にも、なかなか上手くメンバーを巻き込めないでいる」といった具体的な課題が共有されます。

第二部はINSIDESチームより、ホームページにも掲載させていただいているABB様の事例をご紹介するとともに、人事ができる現場マネジャーの支援方法に関してお話しさせていただきました。

組織コンディションの改善には、日々メンバーに接しているマネジャーの役割が非常に大きいです。現場任せにするのではなく、人事がどう関わっていくことができるのかを、現場と人事の視界の違いを改めて整理しながらご説明いたしました。

最後には、ご参加された皆様同士で目指したい姿とそこに向かってどんなことから始めていくことができそうかをディスカッション。活発な議論のなか「これまで行ってきた研修に加えて、INSIDESのような具体的な支援を行っていく必要がある」とおっしゃっていただく企業様も多くいらっしゃり、大変ありがたかったです。

終了後のアンケートからは、多くのお客様からインサイズへの関心をお寄せいただく結果となりました。

また、お客様同士のディスカッションに価値を感じていただける声が非常に多かったです。今後も、お客様にとって有意義な場をご提供できるよう様々なイベントを検討中です。ぜひ、ご期待ください。

<<お知らせ>>

INSIDESでは定期的に無料セミナーを開催しています。

今後のINSIDESセミナー情報はこちらからご確認ください。

 

ニュース一覧へ