MENU

NEWS

[授賞報告] INSIDESが「HRアワード2019」人材開発・育成部門最優秀賞を授賞

リリース

リクルートマネジメントソリューションズが提供する「専門家が伴走する組織マネジメントのパーソナルコンサルティング『INSIDES』」が、『日本の人事部』が主催する「HRアワード」(後援:厚生労働省、経済産業省)において、人材開発・育成部門 最優秀賞を受賞しました。

■INSIDESとは
当社はリクルートグループにおいて、約50年研究してきた心理測定技術とマネジメント理論を有する企業です。INSIDESは、それらのノウハウを学習したテクノロジーをマネジャーが直に活用できるサービスです。
具体的には下記の流れでマネジャーに実践的なアドバイスを行い、マネジャーとメンバーとのコミュニケーションの質を向上させます。

STEP1 3分のアンケートでメンバー一人ひとりの性格のタイプと仕事に臨む心の状態を可視化。
所属メンバーを対象とし、サーベイを実施します。仕事に臨む心理的コンディションを問う質問と、SPIを基にした性格を問う質問をあわせて実施します。なお、質問時間は35問/約3分と受検者への負担を最低限に抑えています。並行してマネジャーには、各メンバーに対する評価を問うサーベイを実施します。これらの情報は、日々のマネジメント業務をより有効に行うために活用されることを主な目的として収集されます。

STEP2】 マネジャーに実践的なアドバイスを直接提供します。
メンバーへの評価を縦軸、心理コンディションを横軸にした表にメンバーをマッピングし、チーム全体の状態を表示します。メンバー一人ひとりの状況が可視化されるため、マネジャーは誰と優先的にコミュニケーションをとるべきか容易に判断出来ます(特許取得 6438614 号)。
加えて、リクルートグループのマネジメントノウハウを学習したテクノロジーが、メンバーのコンディションと性格を踏まえ具体的なコミュニケーション方法を提案します。
例えば、調和を重視するタイプのメンバーの心理的安全性が低い場合にはまず話を聞くことを推奨し、結果を重視するタイプのメンバーのエンゲージメントが低い場合には入社のきっかけなどを改めて問い直し働く目的と目の前の業務の接続を見出すコミュニケーションを推奨します。

STEP3】 オンラインでいつでもリクルートマネジメントソリューションズの専門家に相談可能。
自動で提示されるレポート内容に加え、より具体的で実践的なアドバイスが必要な場合は、オンラインで当社の専門家に意見を求めることが出来ます。マネジャーが感じている課題を踏まえサーベイを読み解き、より有効な打開策や新たな視点を提供します。

INSIDESはテクノロジーと専門家によるサポートで、マネジャーの1to1コミュニケーションの実践を支援します。ひいては離職やメンタルヘルスを防止し、多様な人材が活発な議論を行う風土を醸成することでイノベーションを起こす組織構築に貢献します。
WEBサイト:https://www.ms.recruit-insides.net

受賞経緯
・『日本の人事部』正会員(約140,000人)からの投票
・各部門の上位にランクインした企業・作品を対象として、選考委員会による最終選考を実施
上記の投票、選考を経て、このたびの受賞に至りました。

HRアワードとは
日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、表彰制度。素晴らしい成果を残した企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールドの活性化を実現することを目的としています。
WEBサイト:https://hr-award.jp

ニュース一覧へ